読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべきACIDMANについて

私はかれこれ高校生の頃から数えると10年以上ACIDMANのファンである。

彼らに最初にはまったきっかけは赤橙である。言わずもがなの名曲である。


ACIDMAN - 赤橙

この枯れたギターサウンドと抒情的なぶっちゃけ何が言いたいのかわからない歌詞に

高校生の多感な私は虜になった。

また当時メロコアとかパンクが流行っていた時代にこういうシンプルな音楽をやっているバンドがとても魅力的だった。

あともう一つ、オオキノブオの声も良かった。

やべーじゃんこれなんつって1stアルバムの「創」を聞いてたらニューシングルの「飛光」が出るってのを当時の音楽番組で山本シュウが言っていて山本シュウがめちゃくちゃおすすめしてたのも記憶に残っている。


ACIDMAN - 飛光

これを始めて聞いた(というかテレビで見た)ときの衝撃たるや計り知れず、

これが収録されているアルバム「Loop」は何回も聞いた。今でも聞く。

なんなんだろうこのカッコよさ。この無機質感。

「type-A」「波、白く」「リピート」「アイソトープ」「turnaround」

エモーショナルなのに汗かいてないっていういか、とにかくオオキノブオの目つきが鋭くて、なんかかっこよかった。

当時のロッキングオンジャパンの表紙を飾っていたのがいつまでも記憶に残っていたので画像検索してみたらあった!これだ!

f:id:kt-hsmt0701:20170127004014p:plain

そうだよこれ!この不敵な表情!

当時アジカンACIDMANが二大ジャパニーズエモとか呼ばれてたような気がする。

でもやっぱ対照的でアジカンはどっちかっていうとわかりやすくエモいけどACIDMANは激情型というか爆発型だったような気がする。

それから何年かたって改めて「turnaround」聞いてるともうなんか曲の後半でギターだけになってスパーンってバンドが入ってくるとこなんか鳥肌もんだななんて思ったりして、もうあのアルバムでその後の数枚のアルバムの流れができちゃった気もするし、俺的には「廻る巡る~」よりもこっちのほうが好きなんだなあ。全然ライブじゃやらないけど。

んでこのバンドとは高校出てから一旦離れて俺は洋楽一辺倒になるわけだけど、

大学入って軽音サークル入るようになるとどうしても邦ロックというのが切り離せなくて改めてコピーバンドでACIDMANやるってんで「equal」と「and world」聞いたわけ。

そしたらなによ、なんかやってて気持ちいいじゃないの!ってんでまた好きになっていったのです。

だいたい毎回コピーしてたのが「イコール」と「world symphony」と「波、白く」、「ある証明」だったなあ。ライブDVD見て真似したりなんかしちゃったりして。

そうするとライブにも足を運ぶようになって、「Life」と「beautiful greed」と「ALMA」、あと10周年だか15周年だかのツアーのファイナルは観に行ったなあ。

しかも学生の時一緒にコピバンやってたやつらと行くもんだからそら気分も余計に盛り上がるわけで、もうなんていうかいい思い出。

しかもライブDVDのエンドロールにちらっと映ったし!

そのあとフリーター時代にも当時mixiでメンバー集めてコピバンやったことあるし、ていうかリッケンバッカー買ったしっていうくらいACIDMAN好きなのです。

そんなACIDMANですが、作品的にはどうかというと、いい意味でのマンネリというか、だいたい初めに早いかっこいい曲きてインスト挟んでオシャレな曲やって最後に壮大な曲ドーンみたいなパターンでやってます。

だから俺的にはジレンマもあって、しょっちゅう新作出すもんだから(契約があるからしょうがないのかもしれないけど)、過去の良曲がないがしろにされてしまうことに違和感を覚えていたんです。

そこでそんな彼らはSecond Lineで期待に応えてくれるわけですよ。


シンプルストーリー(Second line & Acoustic live at 渋谷公会堂20111013)

まったくなんなんこのアレンジ力!(アレンジカじゃないよあれんじりょくだよ)

まあでも過去の雰囲気そのまんまで聞きたいファンもいるだろうけどそれはそれ、これはこれだわな。

だもんでなんだかんだいいながら(ぶっちゃけセカンドラインはちゃんと聞いてないけど)ずっとACIDMANが好きなのです。

なんだかんだ言いながらイチゴをクビにしないオオキの優しさ(ていうかイチゴもそんだけ努力してんだけど)を感じたり、サトマが盛り上がってキャップ振り落とす感じとかああなんかDVD見たいな!見るか!

というわけでこれからもいい作品を生み出してほしいと思ってます。

オオキノブオの意見の中で「今を一生懸命に生きる」っていうテーマには深く共感するので俺も一生懸命に今を生きたいと思います(だから最近頑張りすぎて頬が痙攣したり胃が痛くなったりするんだけれども)。

最後に個人的に一番コード抑えるのが辛い曲を貼り付けます。


ACIDMAN - world symphony(Live)