読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カップラーメンは少し高くてもいい

仕事中の食事はもっぱらカップラーメンを食べる。

健康に良くないことは重々承知だが、某スーパーのCMのように「やっぱコスパ」なのである。もちろんスープまで飲む。(←それが良くないのだけれども)

とはいえカップラーメンならなんでもいいってわけではない。

安価のものばかり食べていても飽きてしまう。

だから私は少し値段の高いカップラーメンを食べることが多い。値段でいうと200〜300円程度。

カップラーメンは安くてなんぼという人には受け入れられないかもしれないが、通常ラーメン屋で一杯1000円近く出せるのにカップラーメンに300円弱出せないってのはどういう了見なんだろうと自分なりに解釈した結果、何のことはない、気にせず買って食えば良いのだとシンプルな答えに行きついた。

カップラーメンとラーメン屋のラーメンにどんな差があるのかってのは比べちゃいけないんだろうけど、やっぱりどこかでカップラーメンを下劣なモノとして蔑んでいたのかもしれない。

ここであえて言いたい。今やカップラーメンはかなり旨くなっている。

うまいインスタントラーメンの代表格「マルちゃん正麺」シリーズはなおのこと、

f:id:kt-hsmt0701:20161205073314j:image

うまいヌードルでお馴染み「ニュータッチ凄麺」シリーズもかなりキている。

f:id:kt-hsmt0701:20161205073546j:image

そこで最近の新興勢力が中部地方を中心に展開するスガキヤが手がけるカップラーメン。

f:id:kt-hsmt0701:20161205073805j:image

これまた様々な種類が発売されていて飽きがこないおいしさ。

さあ食べたくなってきたのではなかろうか。

コンビニに行けば各コンビニ限定のカップラーメンも発売されており、とにかく種類は豊富だ。

やはり少し値が張るカップラーメンはスープなり麺なりにこだわりを持っていることが多い。

カップヌードル系のように縮れて縮こまってる麺ではなく、縮れてはいるけれどお湯を入れて時間が経つとしっかりほぐれて生麺風になる。

それだけの企業努力を重ねている。

もちろん100円台のカップラーメンはそれはそれでうまい。この値段にこの味を落とし込むというのは並大抵の努力ではない。

とまあ長々と書いてしまったが、私はこれからも続々と発売されるカップラーメンをできる限り食べていきたいと思う。

ちょっと高価なカップラーメンに幸あれ。